鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

鈴木敏夫のジブリ汗まみれは名言連発の神ラジオ!「俺は再生工場だからな」

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

みなさん、ラジオ「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」を聴いていますか?

この記事は

新聞配達をしながらイヤホンを付け、毎日「ジブリ汗まみれ」のポッドキャストの全てを何クールも聴きまくった筆者が、面白かった放送回を中心に、その内容をぎゅっと要約してその感想をお届けします。

あおい
あおい
ボクがお届けするよ!

「ジブリ汗まみれ」を一緒に楽しもう!

この記事を読むメリット
  1. 「ジブリ汗まみれ」の内容がダイジェストで読める
  2. 鈴木敏夫さんの名言がわかる。
  3. 鈴木敏夫さんのおすすめの本や映画がわかる。

ラジオ「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」とは?

(当ブログ記事は、筆者が個人的に趣味で感想を記しています。ジブリ汗まみれの公式ホームページではございません。)

さて、早速今回の本題にいきましょう!

 

鈴木敏夫のジブリ汗まみれは名言連発の神ラジオ!「俺は再生工場だからな」

 

今回取り上げる放送回は、2016年12月放送の『「スタジオジブリの仕事術」鈴木敏夫×石井朋彦 初の指定対談(前編)』からです。

「ジブリ汗まみれ」ポッドキャストのトピックス

「ジブリ汗まみれ」ポッドキャストのトピックス
  • 鈴木敏夫さんの元部下による、鈴木語録をまとめた本「自分を捨てる仕事術」が出版されることになった。
  • 「鈴木再生工場」により、クビ寸前だった社員が、ジブリで大活躍する頼もしい存在にまで成長した。
  • 鈴木敏夫さんの仕事術の秘密が明かされている。
あおい
あおい
クビになる寸前の社員→鈴木再生工場で鍛えられて…→大活躍!って流れね!
マンボウ
マンボウ
わお!

鈴木敏夫さんの名言3つ

鈴木敏夫さんの名言
  1. 俺は再生工場だからな
  2. 若いことの最大の価値というのは、誰にも必要とされてないことなんだ
  3. 得意技を決めろ!

このあと説明していくね!

鈴木敏夫さんの名言1と仕事術「俺は再生工場だからな」

鈴木敏夫さんの仕事術「俺は再生工場だからな」

〜クビになりかけた社員を再生させた仕事術とは!?〜

マンボウ
マンボウ
「俺は再生工場だからな」ってどういう意味?
あおい
あおい
元ネタは野球の「野村再生工場」だよ。野村監督が戦力外通知を受けた選手を再生させて活躍させたからそう呼ばれたんだ。
マンボウ
マンボウ
そうか!それの鈴木敏夫さん版ってことだね
あおい
あおい
うん。鈴木さんは、他で扱いにくいと言われた人を預かって、その長所を見出して活躍させるのが上手だからなんだね。

鈴木さんは、徳間書店にいた時代にも、組織に馴染めない人達を100人くらい集めて雑誌アニメージュを作っていました。

鈴木さんの元部下であり、このラジオで対談している石井朋彦さんも、その鈴木再生工場で育てられた人物の一人です。

クビになりかけた社員、石井朋彦さんとはどんな人だったか

石井さんは、212歳の頃、応募人数300人の中から合格してジブリへ入りました。そして現場の制作進行という仕事に付きました。

マンボウ
マンボウ
すご!300人の中から選ばれたんだ、エリートじゃん!
あおい
あおい
羨ましい!すごい!
マンボウ
マンボウ
で、制作進行ってどんな仕事?
あおい
あおい
現場スタッフのお尻を叩いて作品のスケジュールを間に合わせる人だね
マンボウ
マンボウ
うげえ、オレにはムリだね、いっつも尻を叩かれてる方だもん。で、そんなエリートがなんでクビになりかけたの?
あおい
あおい
知りたい?
マンボウ
マンボウ
教えて(ドキドキ)

ある時、A氏が鈴木さんのところへ直談判しにきました。

A氏「石井さんは、適応能力と協調性に欠けています。」

鈴木さん「・・・」

A氏「どうするか方法は2つです。鈴木さんのところで預かってくれませんか?面倒見てくれませんか?」

鈴木さん「あずからなかったらどうなるの?」

A氏「あ、もうクビにします」

マンボウ
マンボウ
マジか!
あおい
あおい
そして鈴木さんに鍛えられて、後々大活躍するんだよ!

鈴木敏夫さんはどう教育したか!?

鈴木さんによる石井さんの印象

「人の言うことを何も聞かずに、自分の思ったことをどんどんやろうとする」

マンボウ
マンボウ
それが原因だったんだね。じゃあ鈴木さんはどうしたのかな?

これに対して鈴木さんは、

  • 人の話を聞く
  • 人の話を理解する

ことを徹底させました。

あおい
あおい
ここで鈴木さんの名言が!
マンボウ
マンボウ
なになに?

鈴木敏夫さんの名言2:若いことの最大の価値というのは、誰にも必要とされてないことなんだ

鈴木敏夫さんの名言若いことの最大の価値というのは誰にも必要とされてないことなんだ

「自分の意見を捨てなさい。自分の意見を言おうとすると人の話が入ってこないから。」

「お前の意見なんて必要としてない。そのときにちゃんと自分の意見を捨てて、ノートにみんなの言うことを全部書いて、身振り手振りも書いて、会議が終わったら読み直せ、寝る前に読み直せ、そしてそれをオレに送れ」

ということで石井さんは会議の議事録を毎晩送っていたんですね。

マンボウ
マンボウ
えー!ムリ!オレならくじけるね
あおい
あおい
石井さんがんばったんだね!それで、それを繰り返しているうち、変化が出てきたんだって。

石井さん「それをしてるうちにみんなの言ってることが入ってきた。仕事って面白いんだ。自分にこだわると小さい世界しかみえないんだ。」

マンボウ
マンボウ
すごい変化だ!人の意見が聞けるようになって協調性がでたってことだね。クビになりそうな原因をみごと乗り越えたんだねー。

鈴木さん「人間が生きてくうえで何が大事か。読み、書き、そろばんの3つ。これができれば、人間って生きていけるはず。読んで理解すること、その理解したことを書くこと。見てて、若い人にここが弱いことが多い。」

マンボウ
マンボウ
だからまずは自分の意見を捨てて、相手の言ってることを理解するという訓練をさせたんだね!

こうして石井さんは、人の言ったこと、自分の読んだものを正確に第三者に伝える能力を身につけました。

これが仕事を進める上で重要な石井さんの得意技になります。

あおい
あおい
ここで、鈴木さんはさらなる無茶振りを仕掛けてくるよ!
マンボウ
マンボウ
なにっ!?

鈴木敏夫さんの無茶振り 「これ、暗記してよ」

鈴木さん「アニメーション映画ってのは、絵コンテが絶対。だから、そこに書かれた絵、そしてどういうセリフがあるか、これ、暗記してよ。」

マンボウ
マンボウ
マジか!

絵コンテを暗記した石井さんは、いわば鈴木さんの外部記憶装置としての役割を果たします。

マンボウ
マンボウ
鈴木さんも、ホントに助かった!と大絶賛だったとか!
あおい
あおい
そう!これらの能力が身についた石井さんは、映画「千と千尋の神隠し」で大活躍するんだよ

石井さんは、鈴木さんの代わりに、宮崎駿さんと毎日やりとりを交わす役割を担うことになります。

マンボウ
マンボウ
うげえ!巨匠と直接話すのかー!緊張でふるえる!
あおい
あおい
鈴木プロデューサーと宮崎監督との間をつなぐという大事な役割だね。マンボウくんも知ってるように、この映画は大ヒット!石井さんが陰で活躍してたんだね。
マンボウ
マンボウ
能力を磨くって大事だわ。でも、宮崎監督と話すのは難しそうだな。緊張して鼻血出そう。

さらにここで鈴木さんは、宮崎、高畑監督といった巨匠とコミニュケーションを取る時の秘訣を石井さんに伝授しました。

マンボウ
マンボウ
知りたいっ!

鈴木敏夫さんが宮崎駿監督、高畑勲監督と話をするときの秘訣を伝授!

鈴木敏夫さんが宮崎駿監督高畑勲監督と話をするときの秘訣を伝授>

宮崎駿監督と話すコツ:最初に結論を言え

宮崎駿監督と話すコツ

最初に結論を言え。

宮さんはせっかちだから、最初に3つあります、と言え。

一つ目を言ってる間に2つ目を考える、思いつく。

高畑勲監督と話すコツ:すぐ返事するな

高畑勲監督と話すコツ

何か言われたらすぐ返事するな

本当に頭のいい人はすぐ返事するとわかっていないと思われる

わかってなくてもいいから、斜め上を見て3秒考えたふりをしろ

あおい
あおい
石井さんは「これをやってから高畑さんがぼくのことを評価してくれるようになった」って言ってるんだ。
マンボウ
マンボウ
す、すげえネタばらしだけど、これは本質をついている。

鈴木敏夫さんの名言3:得意技を決めろ!

鈴木敏夫さんの名言得意技を決めろ

このように、情報を正確に第三者に伝えるという能力で大活躍した石井さん。これは、まさに石井さんの得意技となっており、鈴木さんも太鼓判を押しています。

どうしたら得意技を見つけられるか。見つけたらどう活用するか。

ここで鈴木さんは、石井さんに質問します。

鈴木さん「お前に得意技の見つけ方を教えてやろう。宮崎駿の得意技はなんだ!?」と。

マンボウ
マンボウ
すげえ質問だな。えー!なんだろ。アニメの天才!?
あおい
あおい
ハズレ!石井さんも「アニメの天才」って答えたんだ。そしたら鈴木さんは、

鈴木「そんな奴はいっぱいいる、もっと細分化しろ

マンボウ
マンボウ
おー

鈴木「宮さんの得意技は、ストーリーでも企画でもなく、誰もみたことのない面白いキャラクターを思いつく名人なんだ!これだけは世界に唯一、宮さんしかない特出した特技なんだ!

「だから俺は宮さんにそういう企画をやるように仕向けてきたし、そうじゃない得意技でやろうとした時は、いや、そうじゃないんじゃないですかねえって言って、常に宮さんがそうなるようにしてきた。」

だから身の回りの自分の関係者のその人にしかない得意技を全部言葉にして、それをいっぱい集めると仕事が面白いんだ。相手のことも尊敬できるし。お前に持ってないものを持ってる奴がいるからそいつと組め。

あおい
あおい
見つけ方とは、そのひとの得意技を全部細分化して言葉にすること!なんだ!
マンボウ
マンボウ
うおー!さすが鈴木敏夫だぜ!まじリスペクト!

石井朋彦著「自分を捨てる仕事術」

このように、鈴木さんの元で鍛えられた石井さん。今では株式会社クラフター取締役プロデューサーとして活躍中です。

その石井朋彦さんが書いた本が「自分を捨てる仕事術」

ラジオで喋っていた鈴木敏夫さんの仕事術のエッセンスは、実はほんの一部です。

石井さんが鈴木さんの元で働いていた時に書き留めた鈴木語録のメモは、なんとダンボール2、3箱分にも及ぶんですって!すごい、、。

この本はそのメモをもとに書かれた本です。この回の放送も、出版を記念してのトークショーなんですね。

筆者ももちろん読みました。ジブリ作品制作を支える裏側の真髄が見えてきて、とても感慨深かったです。ここまで読んでくださったあなたの心にもきっと響く言葉があると思います。おすすめです。

 

さらに、ここまで読んでくださった読者の方に、筆者が感動した鈴木さんの名言を一つ追加でご紹介して終わりにしましょう。

鈴木敏夫さんの名言4:とにかく「一歩一歩だよ」

鈴木敏夫さんの名言とにかく「一歩一歩だよ」

石井さん曰く、「何をやっても目標に到達しないけど、鈴木さんはずっとこれを言い続けてくださった」

  • 一歩一歩だよ

人間って、早く良くなろうと思って、早く目標に到達しようと思って、時に焦ったり、落ち込んだり、自己嫌悪に陥ったりするけれど、やっぱり、何事も、一歩一歩。

この鈴木さんの言葉を噛み締めると、明日も安心して歩いていけそうですね。

あおい
あおい
ボクはこの言葉が一番好き!
ABOUT ME
アオイトナカイ
アオイチャンネル"の主人公。 映画、エンターテイメント、ファッションの3つについて、暮らしの半径3メートルで発見した"ささやかな感動"をみなさんにお届け! 好きな食べ物はチョコレートパフェ。 ラジオ鈴木敏夫の「ジブリ汗まみれ」の大ファン。街で鈴木さんにバッタリ会ったけど恥ずかしくて声をかけられなかったため、次回の奇跡に期待している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です